若い人でもEDになる可能性は十分にあります

ED治療薬 特徴,バイアグラ 特徴,レビトラ 特徴,シアリス 特徴

 

ED(勃起不全)は年齢を重ねたおじさん・おじいさんがなるもの。

 

そういったイメージを持っていませんか?

 

確かに年齢が高くなるとEDになる確率はあがっていきますが、最近では20代30代の若者でもEDになる人が増えています。

 

どうしてED(勃起不全)になる?

EDとは勃起不全、勃起障害などと呼ばれ、勃起するのに何かしらの障害がある状態を指します。
名前だけ聞くと、勃起できない=EDと思われがちですが、勃起するまでに時間がかかったり、
勃起しても途中で萎えてしまったりすることもEDの疑いがあります。

 

そのため、セックスの際に十分な勃起ができない、または維持できないため、満足な性交ができないことをEDと呼びます。

 

男性は性的な刺激を受けると、脳からの信号により、神経を介してペニスに伝わります。
そうすると、陰茎海綿体の動脈が大きく広がり、血液が流れ込みます。
これが正常な勃起の状態です。

 

このとき、血管自体に障害があると動脈がしっかりと広がらないため、十分な血液が流れ込みません。
そのため、まったく勃起できなかったり、満足な勃起ができないといった状態になってしまいます。

EDの原因の種類

ED治療薬 特徴,バイアグラ 特徴,レビトラ 特徴,シアリス 特徴

 

心理的なストレスによるED

若者に多いと言われているのが、この心理的なストレスによるED、心因性EDです。

 

心因性EDは、さらに大きく2つに分けることができます。

 

現実心因

日常生活からくるストレスや心理的諸要因。
仕事や家庭での人間関係だったり、過去の性交の失敗、失恋、コンプレックスなど。

 

深層心因

心の深いところにある心理的原因。
自分では意識していない幼少時における心的外傷体験、抑圧された怒りや憎しみ、嫉みなど。

 

心因性EDは精神的なものが原因のため、肉体的には問題がなくても起こりえます。
たとえば、セックスの際にたまたま上手く勃起できなくて、女性から「ダメな男ね」「役立たずね」などと言われたことがきっかけで
そのままEDになってしまうことがあります。

 

また毎日の生活で疲れが溜まっていたり、結婚生活が上手くいっていなかったりすると、それが原因になることもあります。

 

こういったケースは、何が理由になっているかが比較的分かりやすいので、カウンセリングや薬で簡単に治ることも多いです。

 

それに対して、自分では気づいていないような過去の出来事がきっかけになっている場合は、本人に見当がつかないことが多く、
原因の解明まで時間がかかってしまうことが多いです。

 

血管や神経の障害によるED

ED治療薬 特徴,バイアグラ 特徴,レビトラ 特徴,シアリス 特徴

 

年齢があがると、だんだんとEDになる割合が増えていきます。
これは、血管や神経にさまざまな障害が起こってくるためです。
加齢に伴うEDのリスクは避けられないため、長く現役でいるためには、普段からの対策が必要になります。

 

生活習慣によって起こるED

糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病になるとEDになる確率がグンとあがります。

 

正常に勃起するためには、神経から伝達が上手くいき、なおかつ血液がしっかり海綿体に流れ込む必要があります。

 

そのため、動脈硬化によって血流が悪くなると、ちゃんと勃起できない可能性があがってしまいます。
糖尿病、高血圧、脂質異常症、心血管障害などは血液の循環に大きく影響するため、EDの可能性が高まります。

 

また、過度の飲酒や喫煙もEDを引き起こす原因になるといわれています。

 

神経の障害によって起こるED

性的な刺激は脳に届き、そこから神経を介して、信号が陰茎に送られます。
そのため、どこかの神経に障害があると、上手く伝達が行き届かずに、正常に勃起できなくなってしまいます。

 

これまで脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などがEDの原因となるとは知られていませんでしたが、
最近ではそういった病気からのEDも広く知られるようになり、相談を受け付けている施設も増えています。

 

薬によるED

ED治療薬 特徴,バイアグラ 特徴,レビトラ 特徴,シアリス 特徴

 

使用している薬剤によって、EDが引き起こされることがあります。
中でも、中枢神経や末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化管に作用する薬剤でEDになることがあります。

 

EDの原因となる薬の例

解熱・消炎鎮痛剤 抗うつ剤 抗けいれん薬 抗精神病薬 抗コリン薬 不整脈治療薬 利尿剤 降圧剤 脂質異常症治療剤

毎日の生活習慣がEDを引き起こす可能性も

ED治療薬 特徴,バイアグラ 特徴,レビトラ 特徴,シアリス 特徴

 

血糖値が高いとEDになりやすい?

糖尿病の患者さんは、糖尿病でない場合に比べて、約2倍もEDになりやすいと言われています。
糖尿病患者のED合併率は約80%で、生活習慣病の中でもEDが起こる可能性がもっとも高いです。

 

勃起は、神経系と血管系が関わって起こります。
通常は、性的な刺激を受けると脳から指令がでて、それによって血管が拡張して血液が流れ込み、勃起するようになっています。
しかし、糖尿病によって、血糖値が高い状態が続くと、これらの神経や血管が障害を受けてしまい、勃起しにくくなってしまいます。
そのため、糖尿病の進行度によってEDの症状も変わってきます。

 

高血圧だとEDになりやすい?

高血圧患者のED合併率は約70%で、糖尿病に続いて高い数値です。
また、高血圧患者はそうでない人の約2〜3倍もEDを合併しやすいといわれています。

 

勃起はペニスの中の海綿体に血液が流れ込んで起こります。
けれども、高血圧によって大きく拡がるはずの動脈が障害を受けていると、十分な血液が流れ込みません。
そのため、しっかり勃起することができなくなってしまうのです。
また、服用している薬剤によってEDが引き起こされてしまう場合もあります。

 

肥満だとEDになりやすい?

肥満とEDは関連している可能性があり、海外のデータによるとBMI値が高いほど、EDになる確率があがるといわれています。
BMI値が30kg/平方メートル以上の人は、23kg/平方メートルの人の約1.7倍もリスクが高まるそうです。

 

また、運動不足とEDの関連性も話題になっており、まったく運動しない人のED発症リスクは週に2時間半以上ランニングする人にくらべて、約3倍のリスクがあるといわれています。

EDにならないための対策と方法

ED治療薬 特徴,バイアグラ 特徴,レビトラ 特徴,シアリス 特徴

 

ED治療薬は一時的に症状をよくしてくれるけれども

バイアグラ・レビトラ・シアリスといったED治療薬は、服用することで勃起しやすくしてくれます。
ただし、あくまで飲んだときにその効果を発揮するだけであって、勃起力が完全に回復する訳ではありません。
そのため、根本の解決にはつながらず、セックスのたびに薬を飲まなくてはなりません。

 

セックスのたびにED治療薬を飲むのが経済的にも負担になりますし、根本から改善したいと考える人もいるでしょう。

 

 

EDを改善、または予防するためには、普段の日常生活を見直す必要があります。
食生活改善、運動不足解消といったことがED改善にもつながっていきます。

 

ED対策:血流を改善

ED治療薬 特徴,バイアグラ 特徴,レビトラ 特徴,シアリス 特徴

 

ペニスの中の海綿体にスムーズに血液が流れ込まないようになるとEDにつながってしまいます。

 

そのため、血液がドロドロになってしまったり、運動不足で筋力が衰えてしまったりすると、
血行が悪くなり、しっかり勃起できなくなってしまいます。

 

血液をサラサラに保つためには、食生活の改善が大切です。

 

魚、海藻、納豆、酢、キノコ類、野菜、ネギ類、お茶などを普段から摂るようにして、血液をサラサラにしていきましょう。
血液をサラサラにしておくことは、ED予防にもつながるため、まだEDではない人にもオススメです。

 

逆に炭水化物やコレステロール、脂質などを取り過ぎると血液がドロドロになってしまいます。
タバコを吸っていたり、筋肉が疲労していたり、水分不足だったりしても血流が悪くなってしまうので注意しましょう。

 

ED対策:運動不足解消

ED治療薬 特徴,バイアグラ 特徴,レビトラ 特徴,シアリス 特徴

 

運動不足によって筋肉が落ちてしまうと、血液を流す力も落ちてしまいます。
そうすると当然、勃起力の低下にもつながっていきます。

 

EDに効果的な運動はスクワットです。

 

スクワットは筋肉がたくさんある下半身を効率良く鍛えることができるため、毎日少しずつでも行うだけでも効果があります。
特別な器具を使わず、場所も問わないので、今日からでもさっそくスクワットを始めるのがオススメですよ。

 

下半身を鍛えることを考えると、サイクリングを思い浮かべる人もいるかもしれません。
実は長時間自転車に乗っていると、勃起に必要な血管や神経がサドルによって圧迫されてしまうため、
EDの原因になる恐れがあります。毎日1時間程度ならば問題ないのですが、それ以上自転車に乗る場合は注意しましょう。

 

ED対策:栄養をしっかりとる

ED治療薬 特徴,バイアグラ 特徴,レビトラ 特徴,シアリス 特徴

 

しっかり勃起をして射精をするためには十分な栄養を摂るのが大切です。
男性の精液を作るためには、タンパク質やビタミン、ミネラルが必要になります。

 

普段から外食に頼っていると、ついついこういった栄養分が不足してしまうため、注意が必要です。
きちんとバランス良く食事することがED改善にもつながっていきます。

 

また、効率良く栄養を摂るためには、男性向けサプリを利用するのもオススメです。

 

たとえば勃起力をアップさせるにはシトルリンという成分が有効です。
しかし、このシトルリンを食べ物から摂ろうとすると、かなりの量が必要になり、なかなか十分に取るのは難しいです。
きゅうりから摂ろうとすると毎日50本以上食べる必要があり、とても現実的ではありません。

 

シトルリンは勃起時の硬さや持続力を改善し、さらにはペニスをサイズアップする効果もあるため、
多くの男性向けサプリや精力剤に配合されています。

 

ただし、ここで注意して欲しいのは商品によって配合されている量が違うということです。

 

成分量がたっぷり入っている製品は「○○mg配合」と明記しています。
逆にただ「シトルリン配合」としか書いてないものは、あまり量に期待できません。

 

シトルリンの1日の摂取量の目安は800mgです。

 

そのため、男性向けサプリを買う際は、そういったところもチェックしてみるのがオススメです。

 

ED予備軍かな?と不安がある方は、
勃起力の回復を目指したヴォルスタービヨンド 口コミ検証も参考に!